Labels

2017年3月29日水曜日

What color is gold?

ブレンダーの設定でフォトリアリスティックなCyclesを使うにあたって
改めて金の色を調べてみました。

いったい金の色は何色でしょう?
一言で金の色!とは言えないのです。物理的な色と生理的に見える色、物体の状態によって見える色など様々。

特に金属光沢は、金属に映り込んだ環境の色を見る事になりますから、
映り込んだ状況で無限に変化します。


1:物理的な色 反射スペクトラム

普通私たちは色とは光があたって反射して目に入る光の周波数や波形の違いを色の違いとして感じます。
Agの銀の場合、赤い色から紫の色まですべてを万遍なく反射しているので、白く銀色の反射を見るわけです。
三原色の光を合成すると白光になる原理。

AGの銀に対してAuの金の場合、緑から青にかけて急激には反射が減っています。
そのために、オレンジから赤の反射光が多くなり、
オレンジかかった黄金色がみえるわけです。



そして、目のほうは錐状体が、明るさ、色相、鮮やかさに反応して色を見ています

丁度光の三原色と対応する目の構造



こっちは個人差があるので、実際に見えてる色って
お互い違うのでしょうね^^;

2:金の反射スペクトルは私たちの眼で見るとき何色に相当するか?

ここで色の再現性などに使われる色温度が重要になってくるようです。
色温度は、温度が高くなるほど赤から青へと光に色がつく現象ですが
結論から言うと、金の色温度はかぎりなく51度(51000k)に近いそうです。

そしてこの色温度51度というのは色相の(HSVの)H51に相似します。
このHSV色空間をRGBに変換すると!

変換式もあるそうなのですが、そんな計算私にできるわけないけど、GIMPで決定できます。^^

H51色相 S100彩度 V100明度 で #FFD900 に相当^^b

でも、勝手な思い込みだと困るので、実際に金や色を定義している団体や
その他のイメージを分析してみました。

まずは、金の本場?金を商ってるプロの人は!
http://shop.ginzatanaka.co.jp/category/ITEM_03_05/?_ga=1.45499044.106019969.1490762886
こんなに製品がありますが

こんな記述を田中貴金属のwebで発見!
”悩んだあげく結局、当社の関係者にでき上がった数点の写真を持ち回り、多数決で金の色を決定。実は、現在でも、当社の印刷物の金の色は、すべてこの時の色を基準に製作されています。”



他にもwebColorとしての金色や
SCC BBSというアメリカの権威ある色コード決定機関の色も調べてみました。

3:実際に金色ベースの画像を分析する
ほんとかどうか、あちこちから画像を集めてみました。
もちろんうちにも24金の小さなパーツがあるのでそれをも見比べてみると
以下の金貨のような感じに



金貨の画像を色温度別に並べて見ました。

いい感じです!!!

4:では実際にBlenderのCyclesでフォトリアリスティックにレンダリングすると

Coming Soon













2017年3月6日月曜日

Challenge crystal glass

この勢いで、クリスタルガラスにも挑戦してみました。

あまりリアルではない水晶です。



コンポジットノードでエフェクトの試験もしてますが、それは後にして

光らせたらどうなる?と光らせてみた実験 アニメのように(lol

レンダリングなのに手書き風になっちゃいました。

追記:青く怪しく光らせたいのにアニメになってしまったのは、

たぶんですけど内部構造がない単純な構造だったからと思われます。



リアルに近づけるため、最低限の内部構造をつけてレンダリングしてみました。

根元に近いほど白く見える部分です。

水晶というより、氷砂糖みたいに:)



解像度が低いサンプルですけど、フリー画像ですので^^;

こんなイメージにするために

底辺の小さな結晶群はつくてないけど

少しそれらしく。内部構造を少しだけエミッションをかけて、結晶の内部に集光され

白く見える雰囲気をつくりました。ほんとにリアルにするなら大量のミニ結晶を作れらないと

だめなのですが、とんでもないポリゴン数になるし、レンダリングが大変なことになるので

代替手段として考えてみました。


次の課題は、透過しない反射光の描画と・・・

(水晶の屈折率や分散も調べて更新 平均値です^^)

水晶は複屈折とかよくわからない屈折をするようなので

屈折率が2種類のグラスシェーダーを作らないと本物にならないみたい



現物と比べると、コントラストのようなシャープさのような”シャキ!キリリ”とした風合いが

足りません。また、ブリリアンカットのダイヤモンドのようにカットするわけじゃないので

分散は不要かも、環境光の色なのか分散のせいなのか少し緑が入るので脱色して

+コントラストをあげた結果がこれ。



2017年3月5日日曜日

Second Life Bento Project No. 1

Bento プロジェクトで手の指が動き、顔の変形も可能となり、いろいろ追加されたようなので

Blenderに読み込んで、実際に見てみました。


けっこう沢山追加されてます ビックリw

○4つ足に対応
○尻尾に対応
○背中に羽が
○手の指がー
◎そして、よく見えませんが顔も変形可能でした。

これから研究してみます。^^b

元ファイルをそっくり上げてみた結果、確かにBentoであることが確認できました。

しかし、自分のオリジナルアバターにリグを組み込んでも
Skin Weightが反映されないという問題が生じた。

どこに問題があるのかいろいろ試してみたのですが、どうやらリグに問題がありそうです。

まず、Blenderの機能やアップロードの設定が問題なのかどうか検証してみるために

クラシックリグを設定して、アップしてみました。

適当なスキンがまだないので、ピカピカモードです^^w

それと手足は急遽くっつけたので、手首がなかったり・・・
眼がなかったり・・・



その結果、リグウエイトのコピーやアップロードのブレンダー側の設定や、アップロードのビュワー側のオプション設定の問題ではありませんでした。

とするとリグの問題かもしれません。

天使になりたくて

ブログを執筆されている からRigの情報やアドバイスを頂いたので

この後、Bentoモデルの試験をしてみます。

さくらさん(=^▽^)ノ☆感謝

2017年2月25日土曜日

Progress of making diamonds

以前からダイヤモンドを数度作っています

そこで、Cyclesでレンダリングしてみたら!!綺麗♪



ちなみにこちらが以前にレンダリングしてBakeしたもの
http://haysuriza.blogspot.jp/2016/04/simulate-brilliant-cut-stone.html
使う仕組みが違うと・・・・違いますね~{アタリマエヨーと心の声}

手持ちのオブジェクトをレンダリングして、忘れないように設定をメモ


少し欲を出して、プリズムのように光が周波数で分散するように考えてみた

ライティングとかがまだなので、この後にアップ


レンダリングってとっても時間がかかりますねー
796/1600の途中画像 画像サイズを欲張りすぎ


光の分散と光溜り?(集光(Condensation)が正しいぽい)の試験はうまくできました。
Light Pathsの No Causticsの部分でした。
ただし、2.73でレンダリングするとうまくいかないので、2.69でレンダリングした。
原因不明・・・

ライティングはHdrをテクスチャーとして明るい部分をライト効果が
出る設定なのだけど、+太陽をつけたら真っ白にw

ライティングのためにワールドそのものをノードエディターで設定することができます。
2.73で少しだけレンダリング。184/1600ぐらいだけど、画像サイズとオブジェクトを減らしたら
すでに綺麗にみるところまで




でも光の分散は?

わかりやすく一画面に整理してみた。

これで忘れない!



Blender 2.73でレンダリング そっくり真似すれば同じ描画がされるはず:)

2016年12月11日日曜日

Practice shooting

イベントに毎月でながら、ブログは放置という悪い習慣ができてるので、投稿^^;

同じイベント参加者の製品を使って、コーディネートしてみました。

もともと撮影って苦手だったので、練習です!




アクセサリー.(髪が多いメーカーさんです^^)
:EMO-tions:. * AURORA * necklace ( aqua)----On9
.:EMO-tions:.*AURORA * forehead (aqua)---On9

髪(あまり知らないメーカーさんですが、クラシックな雰囲気が中世を連想)
{Letituier} Ariana Hair - Gold Blond-----On9

手持ちのドレスです。
Pompadour_White

2016年9月16日金曜日

I made a decoration diamond

I made a decoration diamond

However, reality is not enough

きらーん! と したいのだけど・・・

アルファブレンドありと無し(右)

設定が難しい^^;

2016年6月7日火曜日

I have made the cherry blossoms

某社製作のジュエリーがとっても美しくて、それに刺激を受け桜の花ジュエリーを製作してみました。

まずは”イキナリ”花びらを作ってBakeしてみた。


ぜんぜん美しくない。@@;

なので美反射なサンプル作りからw。

あり物をレンダリングしてカットガラス風


これなら行けそうと玉にしてカットグラス風のボタンでイメージをシミュレート

けっこう、美しいかも

気分を良くして枠をつけてレンダリング


う 美しいレンダリングとカッコ悪いオブジェ^^;

手抜きはだめですね~ちゃんとデザインしなきゃ
パーツから作り直してみた。


オブジェクトのUV展開を、レンダリング結果がそのまま使えるように
プロジェクションでUV展開し、展開図とレンダリング結果が同じシェイプに調整。
そしてレンダリングしたものを出力
↓これ^^b



パーツを複製して組み合わせる。
UV展開図がレンダリングと同じなので複製して使いまわし。
つまり、Bakeではなくレンダリングデータが使える。

UV展開を一致させればOK

花びら組み立て^^


いい感じなので組み合わせのバランステスト


このイメージで組み立て



それなりになった^^
インワールドへ。


もう少し時間をかけたかったのだけど、締め切りがあって・・・
つぎまでに、テクスチャーをリファインしてみる


こうなりました。
eyewear 京都 桜デザイン^^b